貴子潤一郎ファンページ

提供: STUDIO DDT ONLINE
移動: 案内検索

貴子潤一郎ファンページへようこそ。ここは貴子潤一郎氏を地味に応援するページです。

貴子潤一郎とは

富士見書房が主催するファンタジア長編小説大賞において、第14回目にして3人目の大賞受賞作家。

2003年にファンタジア小説大賞受賞作「12月のベロニカ」でデビュー。短編をいくつか執筆したのち、2005年に初のシリーズ「煉獄のエスクード」を開始。

作品内でのネーミングやあとがきなどで自身が明らかにしているが、MLBと、6~70年代から現在までの幅広い音楽(主にロック)へ、なかなかに熱い思いがあるようだ。

Wikipediaの記載も参考にしてください。

著作リスト

貴子潤一郎の長編作品、および貴子潤一郎の短編作品を参照してください。

一覧は貴子潤一郎の著作から得られます。

関連リンク

関連するウェブサイトへのリンクです。

MANAT
デビュー作から最新作まで作品の全ての挿絵を担当しているイラストレータ、ともぞ氏のウェブサイト
富士見書房
ファンタジア文庫などを発行している富士見書房のウェブサイト
エンターブレイン
コミックビームなどを発行しているエンターブレインのウェブサイト